そもそも酵素とは?



ファスティングなどのダイエットに関して酵素は重要な働きをしますが、その酵素は代謝酵素や消化酵素、食物酵素に分類できます。 ファスティングダイエットなどをするにあたってはこれらの酵素について働きなどをしっかり理解しておくことが望ましいでしょう。

酵素の働きを正確に理解することによって規則正しい生活や食生活の重要性を再認識できることにつながるはずです。

そこで、酵素とは何か、代謝酵素や消化酵素、食物酵素はどんな働きをするのかについてご紹介します。

酵素とは?

ダイエットに挑戦したことがある人や美容に関心がある人は、酵素という言葉自体は知っているでしょう。テレビなどでも「酵素パワー」などといって使われることもありますので、酵素という言葉の知名度は高いといえます。

しかし、言葉を知っていても、酵素とは何かをしっかり説明できるほどには理解していない人が多いのではないでしょうか。酵素とは何なのでしょう?

酵素とは、人間の体中などで作られるたんぱく質の一種で、食物を消化した上で分解し、体内に栄養を吸収する働きをします。

また、分解して得た栄養素をもとに細胞を作る機能もあります。皮膚の新陳代謝などがこれにあたります。血液の循環や呼吸にも酵素は欠かせない役割を果たしています。 さらに、老化防止や解毒機能もあり、免疫力を向上させるためにも一役買っているといわれています。

つまり、人間は酵素なしでは生きられず、酵素は人間の生存そのものに関して重要な役割を担っているといえるでしょう。 そのため、酵素の機能は美容にも役立ちます。酵素を摂取することで腸内環境を整えることができ、便秘解消効果やシミなどのお肌のトラブル解消効果が期待できます。

体内でできる酵素の量には限りがありますので、食品を通して酵素不足にならないようにすることが、生命維持の観点から必要ですし、美容のためにも有効でしょう。 ただし、酵素には体内で作られるものと外部から摂取しなければならないものがありますので、注意が必要です。

代謝酵素の働きとは?

酵素には代謝酵素、消化酵素そして食物酵素の3種類がありますが、中でも代謝酵素と消化酵素は体内で作られて存在するため潜在酵素と呼ばれ、 食品などを通して外部から取り入れるしかない食物酵素とは区別されています。

潜在酵素である代謝酵素と消化酵素のうち、まず代謝酵素についてどんな働きをするのかについてお伝えします。代謝酵素はその名の通り、代謝をコントロールする酵素です。 消化によって分解され体内に吸収された栄養素は、そのままでは体を動かす力になりません。吸収した栄養素を体全体に送り出さなければいけないのです。

代謝酵素はこの働きを担っている酵素です。代謝酵素には、免疫力を上げてホルモンのバランスを整える働きもあります。そのため、病気を治すなどの機能もあるといわれています。 また、生命活動を維持するために必要な新陳代謝や毒素排出作用も代謝酵素が担っています。代謝酵素がなければ人間は生きられません。代謝酵素はそれほど大切な酵素なのです。

代謝酵素が不足してしまうと、疲れやすくなる、ぼんやりしてしまう、免疫力が低下して病気になりやすくなるなどの弊害が発生します。 肌の調子が悪くなるなど美容面でも問題が起こる可能性もあります。 代謝酵素は消化酵素と密接な関係があり、代謝酵素の不足は食生活の乱れなどによる消化酵素の大量消費によって発生することがあるとされています。 体内で適切に酵素が作られるようにするためには食生活が大切です。

消化酵素の働きとは?

では、もうひとつの潜在酵素である消化酵素はどんな働きをする酵素なのでしょう? 消化酵素の主な働きは、食事で摂取した食品の3大栄養素である炭水化物、脂質そしてたんぱく質などの栄養素を分解した上で体内に栄養素を吸収することです。 つまり、食べ物の消化を助ける働きをするのです。

消化酵素は主に唾液や胃液、胆汁そして膵液などの消化液に存在しています。消化酵素にはさまざまな種類があり、それぞれの持ち場で活躍しています。 例えば、口の中には唾液アミラーゼと呼ばれる消化酵素があり、デンプンをブドウ糖にする機能があり、炭水化物を大まかに分解してくれます。

また、胃の中にはペプシンと呼ばれる消化酵素があり、たんぱく質をアミノ酸にする機能があり、たんぱく質のおおまかな分解をしています。 胃の中には、ペプシン以外にリパーゼやレンニンと呼ばれる消化酵素も存在します。

リパーゼは脂肪をやわらかくする機能があるといわれており、脂質を脂肪酸やグリセリンに変換して脂肪分解を助けています。 レンニンには乳製品消化を助ける働きがあります。

この他、小腸にはたんぱく質をポリペプチドにする機能があるアミノペプチターゼや、たんぱく質をジペプチドにするジペプチターゼ、乳糖をブドウ糖などに分解するラクターゼなどの酵素が存在していて、 食品の消化を助ける働きを続けています。

膵臓にもアミラーゼ、リパーゼといった消化酵素がありますが、トリプシンという独特の酵素も存在します。 ポリペプチドを分解してアミノ酸にするという機能を果たしています。消化酵素も人間が生きていく上で重要な役割を果たす酵素です。

食物酵素の働きとは?

食物酵素は、もともと体内にある潜在酵素とは違い、食事などによって外部から取り入れるしかない酵素です。 もちろん、代謝酵素や消化酵素といった潜在酵素同様、人間が生きていくためには、食物酵素も欠かせない存在です。

食物酵素の主な働きは、消化の手助けなどをすることによって消化酵素の大量消費を防ぎ、結果として代謝酵素の減少を食い止めることにあります。 潜在酵素は体内で作られるものですが、一生の間に作られる酵素の量には限界があるといわれています。

1日3食を超える食事をしたり、過度の間食を続けたりしていると、その都度消化酵素がフル活動することになり、消化酵素が消耗していきます。 そのうちに、酵素の生産が追い付かなくなり酵素不足になってしまう可能性があるのです。

食生活だけでなく、不規則な生活や栄養バランスの悪い食事、睡眠不足そして喫煙などによっても酵素不足は発生するといわれています。 酵素が不足すると消化能力が低下して栄養の吸収が悪くなります。

また、代謝酵素も消費されてしまうため代謝にも悪影響が出ることになります。 その結果、老廃物の排出がうまくいかず腸内環境が悪化して便秘やその他の体調不良につながります。 この状況を改善してくれるのが食品酵素です。

食品によって摂取した酵素は消化を助ける働きをしてくれますので、潜在酵素を消化で使う分は少なくて済みます。 消化で使われなくなった潜在酵素は代謝などに回せるようになり、体調の維持機能が強化されることになります。 食物酵素は納豆や味噌などの発酵食品や生野菜、生肉などに多く含まれていますので、積極的に摂取するとよいでしょう。

まとめ

人間が生きていくためには、栄養分を摂取し吸収してエネルギーに変換して消費していく必要があります。 これらすべての過程で酵素が重要な役割を果たしてくれています。 酵素は代謝酵素、消化酵素そして食物酵素の3つに分類できますが、そのうち代謝酵素と消化酵素は潜在酵素と呼ばれ、体内で作られるものです。

しかし、作られる量は限られており、乱れた食生活などによって潜在酵素が消化のために大量に消費されてしまうと、体内の酵素が不足します。 これを補ってくれるのが食物酵素なのです。

そのため、人間が健康に生きていくためには、効率よく食物酵素を摂ることが大切だといえるでしょう。 また、美容に関心がある人も積極的に食物酵素を摂取することをおすすめします。




<関連ページ>

酵素ドリンクはいつ飲むのが効果的?食前?食後?飲むタイミングを解説
酵素ドリンクと酵素サプリならどっちがオススメ?効果に違いがあるの?

ページのトップへ▲

ファスティングの知識
ファスティングの準備期間・復食期間の食事のポイント
ファスティング1日目・2日目・3日目の過ごし方や体調変化は?好転反応とは?
半日ファスティング・1日間ファスティングからまずは気軽に始めてみる
ファスティング時に飲んでいい飲み物・飲んではいけない飲み物
ファスティングダイエットで何キロ痩せることができるのか?
ファスティングに適したタイミングとは?いつ始める?
ホテル・断食道場・施設でファスティングするメリットとは?
正月太りのリセットに向いているファスティングダイエット
ファスティングの資格の種類は?それぞれの資格の特徴は?
ジュースクレンズの効果・正しい方法は?ファスティングとの違いは?
運営者情報
酵素の知識
そもそも酵素とは?代謝酵素・消化酵素・食物酵素はどんな働きをする?
酵素ドリンクはいつ飲むのが効果的?食前?食後?飲むタイミングを解説
酵素ドリンクと酵素サプリならどっちがオススメ?効果に違いがあるの?
おすすめ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
クレンジング酵素
優光泉(ゆうこうせん)
みらいのこうそ
酵水素328選
お嬢様酵素
エッセンシア酵素ドリンク
MREビオス
その他おすすめ商品
「ラ・クレンズ」で朝ファスティング?
酵素サプリ「スルスルこうそ」
夜だけ美容断食?「kooミニボトルセット」